2018/01/17

【終了しました】システム移行に伴う一部サービス停止について

| by 図書館管理者

※ すべて通常通り利用できるようになりました。(平成30年3月28日現在)

①平成30年4月に予定している図書館システム移行に伴い、2月中旬から順次、各種サービスの一部が利用できなくなります。
詳細は以下をご確認下さい。

■貸出:
 3/17(土)以降、自動貸出機が利用できません。
 よって、貸出は図書館カウンターのみで対応いたします。

■返却・外部書庫からの取り寄せ・利用証発行(新規/継続更新) :
 通常通り受け付けます 。

■予約・取り寄せ等 他サービス:
 


②平成30年4月より、GLIM/OPACが新しくなる予定です。これに伴い、以下の点にご注意下さい。

■旧システムで登録した「ブックシェルフ」は新システムに引き継がれません。必要に応じて、各自事前に記録等を残しておいていただきますようお願いいたします。

■新システムでは、返却日お知らせメールが返却期限日の3日前に送信されるようになります。現在のように、自分で送信のタイミングを選んで設定することはできません。また、法学部、経済学部、国際社会科学部の専任教員、客員教授/研究員、名誉教授/退職教員の方には、返却日お知らせメールは一律送信されません。

■予約した資料が利用できるようになっても、到着連絡メールが送信されるまでに時間がかかる場合があります。予約資料の最新状態は、MyGLIMから直接確認してください。

■非常勤講師でMyGLIMログイン用のパスワードを図書館用に設定している方(教研のパスワードを使用されていない方)は、新年度以降、図書館にてパスワードの再登録が必要です。

ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご協力のほどお願い致します。

※ポスターはこちら
10:47 | 重要